2018.06.24 UPDATED

高単価な仕事や案件が獲得できるフリーランスデザイナー向けサイト

フリーランスとして働くのなら、できるだけ高単価な仕事の方が取れた方が良いですよね。高単価な案件を中心に扱うフリーランス向けの案件紹介サイトをまとめました。

CODEAL(コデアル)

CODEAL(コデアル)はコデアル株式会社が運営する副業・フリーランス向けの案件紹介サイトです。私も以前に利用した経験があり、リモートワークが可能な案件も多く掲載されている案件紹介サイトです。

2018年3月現在、Webデザイナー・アプリ等のUIデザイナー、UXデザイナーの求人案件が100件以上掲載されています。

CODEALの時給単価

時給単価は最低時給が2500円に設定されており、さらに時給3500円や時給4000円、中には時給5000円の案件も存在し、高単価な仕事の受注を目指すことができるおすすめのサービスです。

CODEALはこちら

Workshipフリーランス

WorkshipフリーランスはLIGの創業者岩上貴洋さんが立ち上げた新しい企業GIGが運営している、フリーランス向けの案件紹介サービスです。

Webエンジニア・Webデザイナー・UI/UXデザイナー・ディレクター、マーケター、広報などの様々な職種の案件が掲載されているようで、まだまだ立ち上がったばかりのサービスのようですが、期待できます!

週10時間から始められる案件もあり、リモート可の案件もあるため、会社員の方が副業的にスタートすることも可能です。

Workshipフリーランスの単価

求められる実務経験は3年以上と、ある程度の経験者向けですが、その分待遇も高く時給4,000円や月給80万円の案件も存在します。

【Workshipフリーランス】

Geechs job(ギークスジョブ)

Geechs job(ギークスジョブ)は、ギークス株式会社が運営するWebエンジニア・Webデザイナー・UI/UXデザイナー向けの常駐型案件紹介サイトです。常駐場所ですが、首都圏の割合が高いため首都圏在住の方におすすめです。その他福岡や大阪など地方中枢都市の案件も掲載されています。

Geechs jobの単価

案件の稼働時間はフルタイム(月140-180時間)であることが多いため、まとまった収入が獲得できます。中にはフルタイム稼働で90万円/月の報酬が獲得できる案件もあり、高年収を期待できます。

フリーランス/Webデザイナー募集【ギークスジョブ】

※デザイナー案件は、トップページの案件検索の「ポジション」タブで、「UI/UXデザイナー」を選択すると確認できます。

Midworks(ミッドワークス)

Midworks(ミッドワークス)は、株式会社 Branding Engineerが運営するWebエンジニア・Webデザイナー・UI/UXデザイナー・ディレクター向けの案件紹介サイトです。主に常駐型の案件を取り扱っており、Webエンジニア向けの案件が中心ですが、デザイナー・ディレクター職向けの案件もありました。(2018年5月現在26件)常駐場所は首都圏(東京・横浜など)が中心となるため、首都圏在住の方におすすめです。

Midworksの単価

案件の稼働時間はフルタイム(140〜180時間)に設定されていることが多いですが、週3日相当の時短の案件もあるようです。フルタイム稼働で85万円/月の報酬が獲得できる案件も掲載されており、高年収が期待できます。

【midworks】

Remote Style(リモートスタイル)

Remote Style(リモートスタイル)は株式会社キャスターが運営するフリーランスのデザイナー・ディレクター・エンジニア向けのお仕事紹介サービスです。高時給かつ在宅でできるWeb周りのデザイン・コーディング・ディレクションの案件を紹介してもらえます。私も登録していますが、在宅でできるデザインの仕事を複数回紹介していただき、現在のところ1回デザインの仕事を請けましたが、時給単価も高く満足行くサービスでした。

Remote Styleの時給単価

時給単価は案件によって変動しますが、概ね3000円程度の案件を紹介されることが多いです。

Remote Styleはこちら

Shuuumatu-worker(シューマツワーカー)

Shuuumatu-worker(シューマツワーカー)は、株式会社社食コレクションが運営する企業で正社員で働いている方向けの副業案件紹介サイトです。しかし問合せたところフリーランスでもOKらしいです。今のところWeb・アプリ系のエンジニア向けの案件が多いようですが、デザイナー向けの案件も少しですが存在するため、興味のある方は利用してみるのが良いと思います。

Shuuumatu-workerの時給単価

時給単価は目安2000円〜2500円と前述の2つのサービスに比べると低くなっておりますが、個別に交渉が可能なようです。

Shuuumatsu-workerはこちら

CrowdWorks(クラウドワークス)

CrowdWorksは言わずと知れたクラウドソーシングサイトですが、Web制作分野では最近は単価が若干上がってきているようです。プロジェクト形式で50万円以上・100万円以上の案件も募集されるようになってきています。ただ応募者が多くときには30〜50人の応募者が殺到することもあるため、制作実績やポートフォリオ・自己紹介文などを充実させる必要があると感じました。

クラウドワークス

Lancers(ランサーズ)

LancersもCrowdWorksと並ぶ大手クラウドソーシングサイトですが、Web制作分野では最近は単価が若干上がってきているようです。プロジェクト形式で50万円以上・100万円以上の案件も募集されるようになってきています。こちらもやはり応募者が多く、数十人以上の応募者が殺到する場合もあるため、実績のクオリティや自己PRを充実させる必要があると感じました。

ランサーズはこちら

SOHOビレッジ

SOHOビレッジはクラウドソーシングサイトに似ていますが、運営が手数料を全く取らない代わりに、掲示板的な機能で自由に仕事の募集、応募がされているサイトになっています。そのためトラブルへの対処はすべて自分で行わなければなりません。しかしLancersやCrowdWorksなどのように高い手数料を引かれることがないのも魅力です。

SOHOビレッジはこちら

CATEGORY

TAG

SERVER